尿酸値と痛風発作の関係性

尿酸値と痛風発作の関係性

尿酸値とは血液の中の尿酸の濃度のことを示し、一般的に男性の割合が多くを占めています。これは女性の場合にはエストロゲン(女性ホルモン)の働きにより、尿酸の体外排出が促されているためで、閉経をした後にはそのような仕組みがなくなるので尿酸値が上昇し始めるのです。

 

痛風は体内で作られる尿酸のバランスが崩れることによって発症します。尿酸値は通常尿酸塩として血液に存在しますが、一定量を超えると、血中の尿酸値があふれて、関節などに結晶が沈着するようになります。

 

関節に溜まった結晶が剥がれ落ちたりすると、これを除去しようと白血球が働きだします。

この時に炎症反応として、激痛を伴うこともあります。痛風を患う人の男性が占める割合は約95%です。それに対して女性は女性ホルモンの働きによって尿酸の排泄が促進されるので、男性と比較すると発症する割合は大幅に抑えられています。

 

 

とはいうものの、閉経を迎えるとホルモンの働きは減少し、尿酸値が上がり始めるのです。

このような背景から、痛風になる女性は閉経後の人が大半を占めます。

 

尿酸の結晶が沈着しているからといってそれだけで痛風の発作が起きるとは限りません。発作が起こる状況は、心身にストレスが強くかかる動作や運動、突然の尿酸値の変化などをきっかけとして、付着していた結晶が関節から剥がれ落ちたときです。

 

耐えがたい痛みの原因は、剥離した結晶を白血球が異物と認識して排除しようとしたときに起きる炎症反応です。

高尿酸血症を発症する原因は肥満と言われており体内に蓄積された脂肪に問題があります。とりわけ内臓脂肪が蓄積すると尿酸が血液に溶けきれなくなって、基準値を超えるようになります。尿酸値が高い原因について

カロリーコントロールすることで高尿酸血症が改善されます。まずは痩せるということが高尿酸血症を治療するために一番に優先すべき事となります。