むくみの正体

むくみの正体

体がむくんでいるということを言い換えると体の中に余分な水分や老廃物等が溜まっているということです。

 

足がよくむくむのは訳があります。それは静脈やリンパの流れが滞っているからです。足の筋肉が少なくなると心臓に静脈血を十分に戻すことができなくなりその結果、腫れを生じてしまいます。嫌なむくみの原因は、身体に負担がかかったとき、アルコール摂取の次の日、内臓の関係する病気、女性特有のホルモンバランスの変化、それらがもとで、起こりえます。

主に女は、生理に関係あるホルモン変化によりむくみの症状がたまに表れます。むくみとさよならするのに必須なのは、まず水分接種を欠かさないことです。

 

 

この水分はお茶やミネラルウォーター示し、コーヒーやジュースをいれません。

 

 

 

また、体の中の血の巡りを良くしてくれて、余剰分の水を体外に排出するために、トイレに行きたいのを我慢しないことこれも大切です。ミネラルの仲間と言えるカリウムには、体内からいらないナトリウムを排出させたりしてむくみにならない効果がみえます。

 

掃除に色々使えるクエン酸にはなんと体内の古い老廃物を綺麗にしてくれる働きがあります。その効果だけではなく激しい運動などで起きる新陳代謝をうながし血行をうながす働きもあります。女性に多いとされる冷え性の予防するためにもいろんな方面からの辛いむくみの改善に改善するのです。

柔らかい体に比べ固い体は血の巡りが悪く、取り入れた栄養が全然吸収されなくて、不要なものが体の外へ出ていきにくなるのです。

ストレス発散がなかなかできない人は、要注意があり体が固くなるので注意が必要です。

 

 

 

目覚めが悪い、疲れがたまっていく体に重さやだるさが常にある感じ、ということが多くなったら、体中が固くなるサインだから気づきましょう。猪苓湯の効果・効能:むくみ、頻尿、残尿感、膀胱炎に